GVBインプレッサとKZ1000とCBRと。

インプレッサGVBとCBR250RRとKZ1000の整備記録と備忘録ですが良くも悪くも誰かの参考にでもなれば幸いです。

DIY インプレッサ[GVB]キーレスの電池が切れたので交換した話

インプレッサに乗ってエンジンをかけようとプッシュスイッチを押しても反応しなくなってしまいまして。

数日前から反応が鈍くドアハンドルのスイッチを押しても反応せず、キーを取り出して物理的に解錠したりしていたのですが、ついにエンジンもかからなくなってしまいました。

電池が切れてもキーをプッシュスイッチに近づけて押せばエンジンはかかるらしいので動けなくなる訳じゃないのですがやはり不便ですし、キーレスの意味がないので電池を交換します。

インプレッサGVBのキー↓
最近のスバルは形状が違うみたいですが、この世代のスバルはどの車種も一緒なんですかね。
f:id:ahiruyan:20190519151757j:plain

まずは上部のメッキ部分をスライドさせてキーを抜きます。
f:id:ahiruyan:20190519151954j:plain

キーを抜いた部分を見ると溝がありますのでその溝にマイナスドライバーのような物を差し、捻ってケースをパカッと分割します。
というか、抜いたカギが丁度良かったので、カギを溝に差して捻りました。
ケースはプラスチックなので割れやしないかと心配になりますが開けなきゃしょうがないのでエイッと捻ります。
f:id:ahiruyan:20190519152343j:plain
中には基盤が入っています。
f:id:ahiruyan:20190519152407j:plain
基盤の裏にボタン電池があります。
CR1632です。
f:id:ahiruyan:20190519220352j:plain
ボタン電池はたくさんの種類がありますが、たまたま家にCR2032の買い置きがあったので2032だったら良いなと思って確認しましたがCR1632でした。

ホームセンターなどでも普通に買える品番だと思うのですが、電池が切れてから数日間、朝から夜まで仕事の予定でしたので通販で購入しました。
f:id:ahiruyan:20190519152839j:plain
業務用(?)を小分けで販売するため安価だという事のようで、素っ気ないパッケージで郵便で送られてきました。
一応パナソニック整なので品質には問題ないと思います。

電池を交換したらケースをパチッとはめ戻し、キーを差し込んだら作業終了です。

キーがカバンの中にあってもちゃんとエンジンがかかるようになりました。

ちなみにGVBもスペックCだとプッシュスイッチではなく、キーを差し込んで捻ってエンジンをかける昔ながらのスタイルらしいです。
慣れの問題だと思うのでどっちでも良いんですが、キーを取り出さなくても良いのでやっぱりスマートキーの方が便利ですよね。