GVBインプレッサとKZ1000とCBRと。

インプレッサGVBとCBR250RRとKZ1000の整備記録と備忘録ですが良くも悪くも誰かの参考にでもなれば幸いです。

DIY アクセラ[BL] サイドブレーキを引いても警告灯が点灯しなくなったのを修理した話

自分の車ではないのですが修理を頼まれましたので。

症状はアクセラサイドブレーキを引いても警告灯が点灯しないとのこと。

ブレーキ警告灯はサイドブレーキ以外にもブレーキフルードが減っているなどの時も点灯するものですので、サイドブレーキを解除しても点灯しっぱなしということなら原因はサイドブレーキに限らずブレーキフルードが減っている等も考えられるのですが、今回は点灯しないということなので、恐らくサイドブレーキの根元にあるスイッチに問題があるのだろうと考えました。

警告灯の電球が切れているのかも知れないとも思いましたが、ブレーキフルードを抜く以外に点灯の検証をする方法が思い付かず、めんどくさいのでとりあえず確認しやすいスイッチを見てみることにしました。

サイドブレーキの根元が確認できるようにまずはコンソールのパネルを外します。
f:id:ahiruyan:20190420012835j:plain
ドリンクホルダーの部分と一緒に外れます。
裏側が爪で留まっているだけなので、工具は不要で指でグイッと持ち上げるように引っ張れば外れます。
裏から見た爪↓
f:id:ahiruyan:20190420013040j:plain
割れそうな気がして勇気が必要ですがバコッと外れます。

次にサイドブレーキのグリップを抜きます。
これも工具は必要なく、引っ張れば外れます。
2分割です。↓
f:id:ahiruyan:20190420013222j:plain

外れたところ↓
f:id:ahiruyan:20190420013323j:plain
サイドブレーキの根元付近を見てみると茶色のスイッチが見えます。埃がすごいです。
f:id:ahiruyan:20190420013428j:plain
パッと見、スイッチにつながるコネクタが外れている様子もなくコードが断線している様子もありません。
マイナスドライバーで白いコネクターの爪を押さえながらコネクターを抜き、7mmのスパナでボルトを緩めてスイッチを外します。
外れたスイッチ↓
f:id:ahiruyan:20190420013706j:plain
黒い円柱状の部分がバネスイッチになっていてサイドブレーキを解除するとスイッチが押され警告灯が消える構造のようです。
なので恐らくホコリか何かが詰まっているためにサイドブレーキを引いてもスイッチが押された状態のままで固定されてしまっていたのではないかと思います。
指でスイッチを連打しながら隙間からエアダスターを吹き、埃が飛んでいくように祈ります。
カチャカチャとスムーズに動くことを確認したら外したときの逆の手順で戻します。
f:id:ahiruyan:20190420014247j:plain
無事、点灯しました。

ブレーキ警告灯が点灯しなくても走行には支障がないのですが、万が一原因がサイドブレーキのスイッチではなく電球切れだった場合、ブレーキフルードが減っていても気付けませんのでやはり原因究明はしておいた方がいいですもんね。